FC2ブログ
東京都調布市にある つつじヶ丘動物病院 のブログです。病院のお知らせや皆様のお役に立つ情報などを掲載しています。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
皮膚に生えるカビの検査
2014年04月05日 (土) | 編集 |
新年度となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて今日は皮膚に生えるカビのお話をしたいと思います。

皮膚病にはさまざまな原因があり、ダニなどの寄生虫の感染やホルモンの分泌のバランスの乱れ、細菌感染などがありますが、真菌(いわゆるカビ)が原因となる場合もあります。真菌が原因の場合、皮膚糸状菌が原因となる事が多いです。
真菌は、細菌感染の治療に用いられる抗生物質ではやっつけることができません。
正しい治療薬の決定のために、皮膚病の原因が何であるのかの検査は非常に大切です。

皮膚に真菌が生えているかどうかを検査するための特別な培地があります。
こちらがその写真です。


DSC_3538.jpg


左が被毛を植え込んで1日目の写真、右が約2週間目の写真です。
真菌が増殖すると、真菌が作り出した代謝産物によって培地の色が赤く変わるようになっています。
右の培地には真菌の増殖が見られました。

真菌の増殖は比較的緩やかなため、判定には1~3週間程度の時間を必要とします。
(結果が出るまでに時間がかかるため、確定的な診断よりも前の段階で、可能性が高いと疑われる原因に対する治療を先行して行うこともあります)

お時間を頂戴する検査ではありますが、とても大切な検査ですので、ご協力いただけますと幸いです。



当院のHPもぜひご覧ください
          
 つつじヶ丘動物病院のHP


つつじヶ丘動物病院スタッフ 藤田


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック